レストモッド!GSX-R1000㉑

スポンサーリンク
SUZUKI
カウル自作

リブがファイバーパテとクロスで出来上がったら、枠をぶっ壊します。
基本はノンパラで進めるので、ベタベタ、ヌトヌト、カッターもハサミも全部だめになる粘着ワールドです。 
パラフィンを入れると樹脂もサラサラになってしまうので、粘着も弱くなり築層には不利だからです。

カウル自作

隅角の部分は内側から削って調整するため、外側からファイバーパテを盛って厚みを作っておきます。

カウル自作

すべてが硬化し終えるのを待ち、電動工具で大雑把に削ってゆきます(画面右)。
最終的には、棒ヤスリでフィニッシュします。
やっぱり最後は人間の手ですね。

カウル自作

一緒にブニュっと接着されたシートキャッチの土台も綺麗にしておきました。

カウル自作

真夏のガレージに雪が降りました。粉雪です。
ガレージ内のバイクが真っ白になり、自分も真っ白w。
おまけにチクチクと痛いというおまけつきなので最悪です。

カウル自作

ひとっ風呂浴びてから、気を取り直して進めます。
シートとの接続部分がキツキツでもガバガバでもダメなので、少しづつ削って調整します。

カウル自作

上から見た図です。
こんな風に、シートの脱着に必要最低限の部分だけ残し、折り返しを付けます。
これでしっかりとシートBODYの強度が出ましたし、固定されたことで、シートカバーとの取り合いも調整することが出来ます。

カウル自作

ざっくりと面取りしておきます。
カバーの脱着時に意外と傷がつくからです。
見えない所と言っても気になってしまいますからね。

カウル自作

シートBodyを固定し、カバーをカチン!と閉めるとこんな感じです。
仕上げにキーシリンダーも移設しましょう。

タイトルとURLをコピーしました