レストモッド!GSX-R1000㉔

スポンサーリンク
SUZUKI
カウル 自作

アンダーカウルの前に、シートカウルの最後の加工が残っていました。
テールレンズの組み込み加工です。
GSX-R1100 GU74Aの独特な台形のテールは、RGV-Γの一部車種やGAG50と共通の部品です。
このSUZUKIのアイデンティティーをしっかりと取り込みます。

カウル 自作

まずは大きくテールを開口し、フラットな面を作ります。
少し厚めなPP板を使って反り止めをしつつ、ホットボンドで蓋をします。

カウル 自作

今回もチョップドグラスファイバー入りのパテをタルクで作ります。
主に角に充填してやります。

カウル 自作

硬化し、フラットな面が完成しました。
バリを取り除いて、さっそく加工してゆきます。

カウル 自作

型紙を取って、転写します。
直線ではなく、微妙に曲線である所がなんともいやらしいです(笑)。
この写真だとテール一杯にレンズが広がっているように見えますが、実際にはカバーが上に着くので、丁度良いバランスかと思います。

カウル 自作

下端の強度が不安だったので、FRPは4層と分厚くしてあります。
ドリルと電動ソーでサクサクと切ってゆきます。
こんな時、電動工具は本当に便利です。

カウル 自作

テールレンズは、もう30年以上前の遺物です。
丁寧に傷を取って磨いてあげると、当時の輝きを取り戻しました。

カウル 自作

不要部分をカットしたら、テールを埋め込んでみます。
OK!どうやらピッタリです!

カウル 自作

テールを固定する為のステーもFRPで作成します。

カウル 自作

結局キーシリンダー移設に始まり、シートレール固定加工、脱着蓋の加工、テールの埋め込み加工など・・・・こうどなFRP加工技のオンパレードでした(笑)。
かなり複雑な形のカウルになったので、これの型を取るのは大変な作業になる予感です。
しかし!最大の山場だったシート作成も、これでひと段落です。

タイトルとURLをコピーしました