行って分かった!日光流し鉄板ルート!

スポンサーリンク
ツーリング

こんにちは、ひろしです。
過去宇都宮に住んでいた際に、何度も何度も通って分かった「本当にライダーが目指すべきスポット」をご紹介したいと思います。

旅の支度

ショルダーバックに入ったミラーレス一眼

皆さんツーリングには何を持ってゆきますか?
私はUSBコード、小さな一眼、寒くなったときに首を守るネッグウォーマーのみです。
荷物は最小限とし、あとは我慢です。
出来るだけ身軽にして、バイクの上でも運動したい派です。

KGPZ900Rのカウルを纏った、KAWASAKI Z1000 Ninja 2007

今日も頼むぜ相棒!空気圧チェック!ブレーキ確認!ハンドルよーし。

高速道路のトンネルの中

宇都宮から日光までは、あんまり面白いものは無い(杉並木はすごいが見慣れた)ので、高速で一気に加速します。

日光峠

日光峠ってぶっちゃけ何も面白くありません。
紅葉して無ければ、勾配がきつすぎる狭くて走りにくいワインディングです。
さっさと上ってしまいます。

中禅寺湖畔

男体山と中禅寺湖

まずはここ!立木観音・遊覧船発着場の駐車場です。
ここからなら最高の男体山が拝めます。
人も少ないしトイレもあるので、休憩には便利です。

中禅寺湖湖畔

中禅寺湖をぐるっと回りながら進みます。この辺も少し寂しくなってきました。

中禅寺湖湖畔のCAFE

湖畔にある、お気に入りの工房Cafeで朝ごはんです。

中禅寺湖湖畔のCAFE内

中禅寺湖を眺めながら、静かな雰囲気を楽しめます。
ボサノバが心地よいです。

中禅寺湖湖畔のCAFEで食べた朝食

朝なのでヘルシーに。
ゆっくりコーヒーを楽しんだら、さあ出発です。

三本松公園

次のポイントはここ、戦場ヶ原の手前にある、三本松緑地です。
お弁当などを持参であれば、ぜひここのベンチでの朝食や昼食をお勧めします。
席も多くて、ピクニックに最適です。

金精峠へ

金精峠

戦場ヶ原はあまり見るものが無いのでパスして、金精峠へ向かいます。
ここは群馬へ抜ける峠道で、結構飛ばせるので面白い峠です。

金精峠

振り返ると、遠くに男体山と中禅寺湖が見えます。
つづらおりの道を、どんどん高度を上げてゆきます。

日光白根山

丸沼高原スキー場 リフト乗り場

次の目的地はここ!丸沼高原スキー場です。
スキーをしに来たんじゃなくて、この上に用があります。
ここからは、このロープウェイに乗って日光白根山麓を目指します。

丸沼高原スキー場 リフト乗り場

ロープウェイは結構新しい物で大型でした。・・・嫌な予感しかしません。

丸沼高原スキー場 ロープウェイ

怖えええええ!!!!案の定物凄いスピードと高さがあります。
これは軽く恐怖体験です!ジェットコースターに乗った時の「やめときゃ良かったって感覚に近いです。

丸沼高原スキー場 ロープウェイから見える丸沼

ビビリながらも丸沼が綺麗に見えたのでパチリ。

丸沼高原スキー場 ロープウェイ

ちょ・・・・高いっ!高すぎるし、そもそもスピード早いってば!!早いってばー!

日光白根山

うう・・・ようやくついた。。。なんか変な汗かいた。
精神的にドッと疲れたけど、なんかすごい眺めです。別世界??

日光白根山

あんな怖い思いをしたのに、人が沢山います!
あんなに高い場所に来たはずなのに、まるで下界の様です。
ただ、みなさんしっかり登山スタイルで決めてますので、バイクの格好している人は私ぐらいでした。

日光白根山から見た雲海

落ち着いてきたので周りを見渡すと、ナント!!雲海じゃありませんかっ!!
凄い!これが日光白根山です。なんでも真夜中にもイベントがあり、星を見る会までやっているとの事!一度来てみたいもんですね。

日光白根山麓の林道

白根山山麓は決して終点ではなく、始点でもあります。
様々なハイキングコースのスタート地点になっています。
良い感じの山道が広がっていました。

日光白根山二荒山神社入り口

始点といえばこちらもです。
宇都宮市内にも日光にもありますが、こちらは日光白根山二荒山神社と言う名前の神社です。
コチラへの山道も、ここから始まっているのです。

日光白根山山麓の紅葉

そこら中に秋の気配があふれており、野性味の無い山道に、程よく映える秋の一コマです。

日光白根山山麓の紅葉

何処をどう切り取っても絵になります。
大満足で白根山山麓を後にしました。

吹割の滝

吹割の滝つり橋

金精峠を進み続けると、最後にはもう一つのポイントがあります。
それがここ!吹割の滝です。

吹割の滝全景

一見ただの広い、緩やかな河川に見えますが、そうではありません。
河原沿いに、ずっと歩いて見て回れる遊歩道が整備されています。

吹割の滝全景

落差7m、横幅30mのダイナミックな滝は「東洋のナイアガラ」と呼ばれています。
ダイナッミックな滝で、まるで大地が裂けたかのような大岩から、ごうごうと水しぶきを吹き上げ流れる様はまさに大迫力です。

吹割の滝全景

異世界へワープしたような感覚にさえなる、吹割渓谷は圧巻の眺めです!

望郷の湯

道の駅白沢にある望郷の湯

東洋のナイアガラを後にして、そのまま沼田ICに向けて都市部を目指すと、道の駅白沢が見えてきます。

道の駅白沢にある望郷の湯

この道の駅の中にあるのが、最終目的地「望郷の湯」です。
平成6年4月にオープンした、木造のモダンな外観とおしゃれな内装。
喫茶店のようなテラス、素晴らしい眺望が望める展望レストラン、自然を取り入れた露天風呂。周囲の風景と一体化した設計が心地よく、リピートしまくってます。
片品川の河岸段丘上に位置する露天風呂からは、それはそれは素晴らしい最高の眺めが拝めます。
私のお勧めは16:30ぐらいの夕暮れ時から入浴し、景色が変わってゆくのを湯船から見ることです。
本当に最高なので、ぜひ一度行ってみてください!。

道の駅白沢にある望郷の湯

望郷の湯は道の駅にもなっているので、キャンパーも多く停車しています。
こんなところで車中泊なら、ホテルじゃなくても全然OKだと思います。
ライトアップされた道の駅は、とても静かです。

まとめ

日光には目もくれず?!実際に行った際に「スゴイ」と思ったところだけを今回はピックアップしましたが、知っているところは幾つありましたか?
一度行ったら病みつきになること請け合いの、日光大社だけではない栃木奥日光からの沼田ルートでした。
奥深い栃木県ですので、是非皆さんも一度ドライブに出かけてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました