Kawasaki Z1000 14

スポンサーリンク
バイク・車両
満足している点

LEDのヘッドランプに代表される、どんなバイクにも似ていない独自のスタイリング。マイルドで誰にでも乗れる操縦性の良さ。安定感のある車両バランス。足付きの良い低いシート。電子制御の無い、整備しやすいシンプルな構造。

不満な点

デジタルメーターは小さくて見にくい(もはやあっても無くても・・・)。排気量の割にはパワーが無く、アクセルに対して多少だるい加速。

走行性能

落ち込んだ低いシートは足つきが良いが、収まりが良すぎるがあまり、峠では体重移動への大き目のアクションが必要。ショートホイルベースなのでよく曲がってくれる印象だが、いざ攻めるとステップとマフラーをすぐ擦ってしまう。一本出しのマフラーとバックステップを装備すれば解決するが、大物パーツ故に費用がかさむのが辛いところ。

乗り心地

道路の継ぎ目で簡単に飛び跳ねる程に硬いリアサスは、ちょっといただけない。メーカーも流石に反省して、後半からとても柔らかい味付けに戻した。サーキットでスポーツ走行したい人はフロントの油面調整+リアはノーマルのままで十分なほど。

積載性

スタイリング優先の為ゼロ。デザイン上、タンク中央に樹脂パーツがあるのでタンクバックを付けるにも邪魔。荷物は常に身に着けるべし。このバイクを選ぶオーナーは、積載性に関しては覚悟の上なので、問題にはしないはず。

燃費

峠で開けると17㎞/l程度。高速をダラダラ走ると20km/lぐらい。ギア比の関係で、高速度域を低回転では走る事を得意としていない。本当はもっと燃費がいいエンジンなはず。

故障経験

全く無し。ユメタマから脈々と続くエンジンは成熟の一言。D型からも少し変えてきたハーネスも美しく、リア周りの配線も大変シンプルに収まっている。なんの文句もない。

総評

Ninja1000からカウルを剥ぎ取ったもの(スイングアームはNinja1000より5mm短いが)なので、加速性能や攻撃的な見た目で「凄み」を演出したものの、過激ではない。「新しい何か」になろうと挑戦したが、あと一歩なり切れなかった。ただ「誰かと一緒」が嫌な人にとっては「孤高の存在」であることは間違いなく、所有感が大いに満たされる。ゆえに、デザインを崩さない様にオーナーが良く考え、丁寧にカスタムされている車両が多い。

カスタマイズの例

GPZ900Rのカウルを纏ったKAWASAKI Z1000 2017

タイトルとURLをコピーしました